freee・MFクラウドを導入したい若手経営者を支援
会計・税務情報

会計・税務情報

決算書における必要書類と提出方法

決算書は会社のビジネスの状況を示す資料の総称です。 期日までに多数の書類をまとめ、持参、郵送、電子申告のいずれかの方法で税務署へ提出します。

勘定科目における、消耗品と固定資産の違い

消耗品と固定資産は区分けに悩むことがありますが、取得価格10万円未満または使用可能期間が1年未満であれば「消耗品」とみなされます。 取得価格が10万円を超えるもので、1年以上にわたり長期的に使用するものは「固定資産」とみなされます。固定資産は耐用年数に応じて、減価償却を行います。

給与計算の方法とその効率化ポイント

給与計算を行うためには、従業員一人ひとりについて、勤務状況はもちろん、手当や控除に関わるさまざまな情報を正確につかんでいる必要があります。 しかも、締め日から支給日まで、比較的短い期間で計算を済ませ、遅れることなく支給しなければなりません。

役員報酬の決め方と計算方法、適正額について

役員報酬は、定款または株主総会の決議によって決めることが定められています。利益のうちどれだけを会社に残し、役員に支払うかという配分によって、法人税、個人の所得税、住民税などが変動します。金額の設定によっては税負担が大きくなるケースがあります。

レンタルやリース経理処理方法について

仕事に使う物品を調達するには、現金購入、リース、レンタル、割賦販売(分割払い)の3種類の方法があります。 それぞれに、メリット、デメリットがあり、初期投資の額にも、支払総額にも差があります。また、経理処理の方法も違うため、経費として計上できる額も異なります。

« 1 2 3 4 26 »
PAGETOP
Copyright © 木村公認会計士事務所 All Rights Reserved.