freee・MFクラウドを導入したい若手経営者を支援
会計・税務情報

会計・税務情報

残業代の時給と計算方法

残業代は、1時間あたりの賃金に1.25〜1.5の割増率をかけて計算します。割増率は時間外労働の種類によって決められます。 また、この計算法で残業代を算出するために、時間給以外の月給制、歩合制、年俸制などの従業員についても、割増率をかける前の基礎時給を求める必要があります。

接待交際費の計上の基準

経営者からよく質問を受けるのが「交際費の計上」についてです。経営者のなかには「飲食費は交際費に該当しない」と思っている人もいます。本当にそうでしょうか。この記事では、交際費の内容やその計上基準について解説します。

家賃前払いによる節税効果

「家賃を前払いすると節税対策になる」。こんな話を聞いたことがある人もいるでしょう。確かにその通りなのですが、家賃前払いで節税対策を図るためには6つの要件をすべて満たす必要があります。 気になる家賃前払いの要件のほか、家賃前払いのデメリットについて解説します。

中古資産の耐用年数と減価償却費の計算方法

車両や機械などを中古で購入して事業を行うケースもあるでしょう。このとき、耐用年数はどのように計算するのでしょうか。 固定資産には法定耐用年数がありますが、それは新品時のものです。中古資産の場合、別途耐用年数を計算して減価償却費を計上する必要があります。

消費税の経理・会計処理と仕訳の方法

売上や支払給与が基準を超えると「消費税課税事業者」となり、消費税の納税義務が生じます。 消費税の経理処理には「税込経理方式」と「税抜経理方式」があり、仕訳の方法も異なります。それぞれにメリット、デメリットがあるので、どちらを選択するかは専門家に相談するのがよいでしょう。

« 1 2 3 26 »
PAGETOP
Copyright © 木村公認会計士事務所 All Rights Reserved.