freee・MFクラウドを導入したい若手経営者を支援

会計・税務情報

  • HOME »
  • 会計税務・経営

法人の設立期間中に発生した損益

今回は会社設立期間中に発生した売上や費用の処理について記載します。 会社法上、法人は設立登記により成立するとされています。また、法人税法上も同様に設立登記の日を最初の事業年度とする考え方が採用されています。

開業費の取り扱い

法人の設立後、事業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用をいいます。 具体的には会社パンフレットの作成費用、名刺作成費用、開業時の諸々の調査費用等が該当します。

創立費の税務処理

会社を設立するには様々な費用がかかります。 このような会社の設立に必要な費用は創立費として処理することとなります。

会社設立時の提出書類

会社を設立すると税務関係の書類を税務署や都道府県税事務所、市町村に提出する必要があります。 起業時は色々と忙しく事務面まで気がまわらないかもしれませんが、忘れずにしっかり提出しておきましょう。

« 1 40 41 42
PAGETOP
Copyright © 木村公認会計士事務所 All Rights Reserved.